マンダリンケーキのレシピ

RSS1.0Atom0.3

このブログのテーマ:
Linuxをいじる Windowsを飼い慣らす Solarisに悩む Firefoxを使い倒す Thunderbirdを使い倒す
W-ZERO3で仕事する Mindmap(マインドマップ)で仕事する
WRC(世界ラリー選手権)を観る 車を走らせる
日常の非日常を記録する
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
+ GREEN goo +

サイト内ウェブ
この検索は「緑のgoo」を利用してます
現在、本貢献中
+ TWITTER +
+ OTHER WORLD +
あわせて読みたい
+ KEY WORD +
+ DISPLAYED ENTRIES +
+ RECENT COMMENT +
+ RECENT TRACKBACK +
+ ACCESS ANALYZE +
カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTube高速バス 予約
+ ADVERTISE +
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
NDOUtils: Could not open data sink!
 さて、ずいぶんサボっていますが、もう一つの方でカメラと戯れてますのでしょうがないです。

Nagiosの監視結果をDBに格納するNDOUtilsですが、いまいちREADMEが貧相なので謎が多いです。

そもそも何のために存在するのか?

いろんな使い道があるのでしょうけど、何かアクション(たとえばアラートメール)を起こすときに同時に監視結果の詳細を引き出してみたり、近隣のノードや監視項目を強制再チェックさせてもいいわけです。

今回、自分のインストールした環境ではどうしても下のエラーが出ていました。

[t_time3] ndomod: Could not open data sink! I'll keep trying, but some
output may get lost...
[t_time2] Event broker module '/usr/local/nagios/bin/ndomod.o'
initialized successfully.
[t_time1] ndomod: Still unable to connect to data sink. 1217592 items
lost, 5000 queued items to flush.


このエラーはいろんな原因があるのでしょうけど、自分が解決-resolveした方法はぐーぐる先生も教えてくれなかったので、ここにメモ・公開。

prompt# chown nagios:nagios /usr/local/nagios/etc/ndo*

なぜこれが必要かというと、同梱されている自動起動スクリプトdaemon-initには
Ndo2dbUser=nagios
Ndo2dbGroup=nagios
と書いてあり、ndo2dbデーモンはnagiosユーザとして起動するようになっている。
それに対し、READMEにはcpコマンドで

cp config/ndo2db.cfg /usr/local/nagios/etc

と書いてあるため、makeした際の所有者:所有グループのままになってしまう。
しかも600なのでほとんどの場合はエラーになってしまうのでした。

スポンサーサイト

- | 23:22 | - | -
+ ASSOCIATED AFFILIATE +
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momoch.jugem.jp/trackback/957
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"