マンダリンケーキのレシピ

RSS1.0Atom0.3

このブログのテーマ:
Linuxをいじる Windowsを飼い慣らす Solarisに悩む Firefoxを使い倒す Thunderbirdを使い倒す
W-ZERO3で仕事する Mindmap(マインドマップ)で仕事する
WRC(世界ラリー選手権)を観る 車を走らせる
日常の非日常を記録する
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
+ GREEN goo +

サイト内ウェブ
この検索は「緑のgoo」を利用してます
現在、本貢献中
+ TWITTER +
+ OTHER WORLD +
あわせて読みたい
+ KEY WORD +
+ DISPLAYED ENTRIES +
+ RECENT COMMENT +
+ RECENT TRACKBACK +
+ ACCESS ANALYZE +
カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTube高速バス 予約
+ ADVERTISE +
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
PlaxoをやめてGoogle Calendar Syncで統合
電話を新しくしたことで、スケジューラにも手を入れる気になった。
会社のコンテンツフィルタが変わり、今まで同期用に使っていたPlaxo(ベーシック版;無償)が、接続できなくなってしまったからだ。
完全に接続できないわけではなく、アクセス時に「ほんとに見るの?このページ」と聞かれ、見るという意志をクリックで伝えなければならなくなった。

MSのOutlookはなかなかいい。
MSの数あるソフトウェア製品のなかで、これだけは、作ってるスタッフチームを自分のテーブルへ歓待し、どこの何々の機能が優秀だとか、あそこの設定がニクいだとか激励してあげたくなる。
Outlook Expressと名前が似ているため、どうしてもセキュリティが云々とか、違うメールソフトを使ってる云々とか、いろいろ言われがち。そこだけが満足のいかない点で、名前を変えるなり、Outlook Expressを駆逐するなりして、ネームバリューを確保しちまえばいいのだ。

スケジュールを管理したいと思っている人にとって、このOutlookはうってつけのインストール型ソフトウェアだ。言い回しが気になる?そのとおり!同期がしにくいという欠点を持っている。
そこで、同期にはWindows Mobileを使うという手と、オンラインのカレンダーを使うという2つの手を利用している。
生活のパターンで言えば、平日は自宅⇔電車⇔オフィス⇔出先⇔オフィス⇔電車⇔自宅といったところか。休日は自宅⇔外出⇔自宅といった感じかもしれない。

シーンごとにスケジュールを把握したいと思ったときは、Outlookで間に合うはずはない。


会社では社内イントラのグループウェアを使っている人が多いので、どうしてもそちらがメインになってしまうが、オフィス⇔出先⇔自宅と移動する中で、各所でスケジュールを管理したい。
これには社内イントラは不向きであることは明白で、たとえば客先でスケジュールを確認したり入力したりするのに、モバイル用ゲートウェイがあるとしても、即座の返答は出来ない。「○月○日の△時から会議を開きたいのですが…」「ちょ、ちょ、ちょーーーっと待ってください!今調べます」。調べ終わるのに5分以上かかる。場の空気のしらけること請け合いだ。

出先で、たとえばネットカフェや空港のインターネット端末といった具合にPCがあれば解決できるかも知れない。未記入のスケジュールを抱えてそんな端末を探すのは、あまりにも効率も悪く、見つかる確率も低い。ノートPCを持っていたところで、昨今の時勢を考えればコンプライアンスに抵触する場合も多く、中身が空っぽなノートPCしか持たせてもらえない。少なくとも、うちの会社では持たせてくれさえしない。

自宅なんて悪環境のるつぼで、いつPCがぶっ壊れてスケジュールの路頭に迷うことになるかわからないし、場合によってはウィルス感染中のおそれもある。ウィルスは別問題としても、自分のスケジュールはビジネス用もプライベート用も重要で、どうかすればお互いが時間を食いつぶし合い、譲り合う。仕事の予定が会社でしかわからなかったり、プライベートの予定が自宅でしかわからないのは不幸すぎる。いろいろな意味で安全に準備をしていたい。

スケジュールとは、スケジュールを他人と調整する人はとくに、重要な生活の基礎であり、基本動作なのだ。


長文になってしまって自分でもドン引き中だけど、要はスケジュールを安全な形でどこででも管理したいという要件がある。今風に言えばユビキタスに。

Google CalendarとOutlook(2台PC間も?)の同期が無料で可能:インターネットメディアとWebマーケティングの可能性 - CNET Japan
この人は、不幸にもPlaxoなどのような共有方法をを知らないまま過ごしてきたが、一転して幸運が訪れたようだ。

そう、今回、Google Calendar Syncを導入した。
グーグル、カレンダー同期ツールを公開--Google CalendarとOutlookの同期が可能:ニュース - CNET Japan

Google Calendar Sync: Getting Started
なぜか静的なURLじゃないことに違和感を覚えつつも、Get startedのセンテンス内にあるインストーラを起動。
アカウント情報と同期方向を選んでインストール完了。
同期方向はもちろん2Way。Google Calendarからも入力するだろうし、Outlookからも入力するだろう。

以上。

導入は本当に簡単だった。

すぐさま同期が走り、300件以上あった予定が吸い上げられている。システムトレイのアイコンが忙しく動くと、そのツールチップが進捗状況を教えてくれる。
重いな
初回同期は重い。

プロセス数が89もあるのは仕様です///


Plaxoのアカウントを削除して、Thunderbird(Lightning + Providor for Google Calendar)での表示も確認。全く問題なし。

これで、オフィスとAdvanced/W-ZERO3[es]と自宅とGoogle Calendarの4カ所が同期できたわけだ。
この中で唯一の移動体であるアドエスがキモになっていることは確かだ。

スポンサーサイト

- | 16:39 | - | -
+ ASSOCIATED AFFILIATE +
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momoch.jugem.jp/trackback/750
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"