マンダリンケーキのレシピ

RSS1.0Atom0.3

このブログのテーマ:
Linuxをいじる Windowsを飼い慣らす Solarisに悩む Firefoxを使い倒す Thunderbirdを使い倒す
W-ZERO3で仕事する Mindmap(マインドマップ)で仕事する
WRC(世界ラリー選手権)を観る 車を走らせる
日常の非日常を記録する
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+ GREEN goo +

サイト内ウェブ
この検索は「緑のgoo」を利用してます
現在、本貢献中
+ TWITTER +
+ OTHER WORLD +
あわせて読みたい
+ KEY WORD +
+ RECENT COMMENT +
+ RECENT TRACKBACK +
+ ACCESS ANALYZE +
カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTube高速バス 予約
+ ADVERTISE +
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
VMware Serverが重いので、起動バッチを作成
VMware Server を手動起動に変更した - Ceekz Logsに触発されて、VMware Server 2.0の起動/停止スイッチバッチを作ってみた。

Ceeks Logsさんの所を参照しつつも、だいぶ違う感じに作れたのではないかな、と。

なお、このバッチを使う前に、以下のサービスを手動起動に切り替えておくことをお忘れなく。

VMware Authorization Service
VMware DHCP Service
VMware Host Agent
VMware NAT Service
VMware Virtual Infrastructure Web Access

特徴は、引数いらずなところで、各種サービスが起動している状態から停止にスイッチする。
また逆もしかりで、完全に起動していなければ起動へとスイッチする。

スクリプトの途中で%statetype%に疑似ビット演算しているのは、5ビットで起動状態を把握したかったから。特に使っていないので、修正しても問題ないです。

コメントを英語で書いてみましたが、間違っているか間違っていないかさえわからない状態です。誰か添削してください。

:: VMware Server Service ON/OFF Switch for VMware Server 2.0
:: File Version : 1.0
:: Usage : .¥VmWareServiceSwitch.bat
::
::

@echo off
:: Local Variable Mode
setlocal

:: Define Variable
set statetype=0


:: Check Service Status and Define Service Stateus Matrix
::
:: This FLAG(%statetype%;11111) will be Matrix.
:: In future the FLAG will have switch motion each service.
::
sc query "VMAuthdService" | findstr "RUNNING" > NUL
if %errorlevel%==0 set /a statetype=%statetype%+10000
sc query "VMwareHostd" | findstr "RUNNING" > NUL
if %errorlevel%==0 set /a statetype=%statetype%+1000
sc query "VMnetDHCP" | findstr "RUNNING" > NUL
if %errorlevel%==0 set /a statetype=%statetype%+10
sc query "VMware NAT Service" | findstr "RUNNING" > NUL
if %errorlevel%==0 set /a statetype=%statetype%+100
sc query "webAccess" | findstr "RUNNING" > NUL
if %errorlevel%==0 set /a statetype=%statetype%+1

:: Case stop or start
IF %statetype% == 11111 goto ALLSTOP
IF not %statetype% == 11111 goto ALLSTART


:ALLSTOP
::All VMware Service stop
net stop "VMwareHostd"
net stop "VMAuthdService"
net stop "webAccess"
net stop "VMware NAT Service"
net stop "VMnetDHCP"
goto END


:ALLSTART
::All VMware Service start
sc query "VMnetDHCP" | findstr "RUNNING" > NUL
if not %errorlevel%==0 net start "VMnetDHCP"
sc query "VMware NAT Service" | findstr "RUNNING" > NUL
if not %errorlevel%==0 net start "VMware NAT Service"
sc query "webAccess" | findstr "RUNNING" > NUL
if not %errorlevel%==0 net start "webAccess"
sc query "VMAuthdService" | findstr "RUNNING" > NUL
if not %errorlevel%==0 net start "VMAuthdService"
sc query "VMwareHostd" | findstr "RUNNING" > NUL
if not %errorlevel%==0 net start "VMwareHostd"
goto END


:END
:: If EnvVariable remains, you will cut "::" below line.
::set statetype=

:: End of Local Variable Mode
endlocal

スポンサーサイト

- | 00:06 | - | -
+ ASSOCIATED AFFILIATE +
コメント
from: longkey1   2009/08/28 11:28 AM
はじめましてlongkey1と申します。

大変便利なバッチスクリプトありがとうございます。
便利に使わせて貰っていますが、webAccess部分がバグというか、正しく動作しない箇所がありました。
自分のサイトで修正版を紹介させて頂きました。
(※問題あるようなら削除します)

取り急ぎ報告まで。
from: momoch   2009/08/29 9:35 AM
longkey1さん、はじめまして。

VMware Serverのバージョンが上がってサービス名が変更になり、私の方でもいくらか修正していたのに放置してしまいました。ゴメンナサイ。

公開していただくことに、何も問題ありません!
しかも色分けもしてあってキレイですね〜!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momoch.jugem.jp/trackback/719
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"