マンダリンケーキのレシピ

RSS1.0Atom0.3

このブログのテーマ:
Linuxをいじる Windowsを飼い慣らす Solarisに悩む Firefoxを使い倒す Thunderbirdを使い倒す
W-ZERO3で仕事する Mindmap(マインドマップ)で仕事する
WRC(世界ラリー選手権)を観る 車を走らせる
日常の非日常を記録する
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+ GREEN goo +

サイト内ウェブ
この検索は「緑のgoo」を利用してます
現在、本貢献中
+ TWITTER +
+ OTHER WORLD +
あわせて読みたい
+ KEY WORD +
+ DISPLAYED ENTRIES +
+ RECENT COMMENT +
+ RECENT TRACKBACK +
+ ACCESS ANALYZE +
カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTube高速バス 予約
+ ADVERTISE +
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
後輩は、今、何を思ってるのか
忘年会があった。
隣の課との合同忘年会。

普段はしゃべりもしない人たちと、なぜか旧知のようにしゃべる自分。
初対面の人(←同じフロア・部屋にいる)ともしゃべった。

ふふふ。しゃべれてしまう自分が怖い。

とにかく、その流れで流れに流れて、3次会まで飲んでしまった。
明日も仕事があるというのに。

そんな中でわかってきた、今、後輩達が考えていること。
サンプリング数が足りてないので、全員がそう思っているとは思っていないけど。

本人には悪いが大筋のプロフをさらすと、

・入社3年目
・いわゆるIT系のバッチこーい的な部分を担当(≒泥臭い、実作業、自分以外に割り振る相手がいない)
・顧客対応あり、技術作業あり
、といったところ。

ストレスもたまるわけだ。

で、本人が言うには、どうも自分ではなく、周りが気に入らないらしい。

周りで起こる本当の意味での雑音や、煩わしい人間関係
周りが向ける期待の目というプレッシャー。3年目という先輩でもあり後輩でもある立場。
周りの同期だけが技術力や交渉力を伸ばし、自分と比べたときの嫉妬と組織に対する怒り
周りに先導してくれたり、頼れる先輩がいない。先輩に対する期待と軽い絶望
周りの環境や、今ある業務の経緯は、自分が関係していないところでできあがっていた。業務で苦しいのは周りのせい

ある程度は要約したものの、どうやら周りに原因があると思っていた。

もしこの後輩を目の前にしたらどう思いますか?

しげさんなら「こぉぉいつぅぅぅ。そこに正座しなさい。いや、むしろ俺が正座します」と説教が始まるかも。
sacさんなら「あぁ。、、昔の自分を見てるようだ〜。っていうか今もだけどw」と冗談めかして後輩の気持ちに理解を示すだろうか。

仕事をする上でいつも思っている。
周りの環境を底上げするのは自分なんだと。
周りの環境をよくするのは自分なんだと。悪くするのも自分だけど。
そうして、手持ちの駒でやりくりしながら成長していくしかないのだと思う。

大きなことをしようと思えば、自分以外の力を借りることになるだろう。そのためにチームがあるし、組織という群れがあるのだ。あれはリスク分散で固まっているわけでもなく、傷をなめ合っている集まりでもない。
なのに、悪いと思った環境を変えようとしただろうか?
逆にチームのみんなを悪い気分にさせていないか?
周りの環境を底上げしたり、うまく利用したりしていただろうか?

悪いことが起きたときに自分を卑下するのでもなく、誰かがこうなるきっかけを作ったと探すのでもなく、自分がしてきたことの結果でこうなっただけで、その状態から良くするのも自分がしてきたことの結果なのではないだろうか。

簡単に周りが悪いという答えで思考停止して欲しくない。理解してくれないと言って拒絶しないで欲しい。そんな考えは、もう10代で卒業できていると信じている。
どうにもならないときに助けてくれるのは、キミが悪く言う周りの環境だったりするのだ。
周りに耳を傾けたり、真意を読み取ったり、提案をしたり。まだ出来ることは多いはず。


ロールプレイングゲームをやった人はわかると思うが、当初、持ち金もそれほど多くない主人公が、いきなり大きな目標を与えられるというのが一般的なオープニング。それは結果的に魔王と対決したり、塔の最上階に幽閉されたお姫様を助けたりするのだろうが、大きな目標を与えられた主人公は、断るわけにもいかず、業務を始めなくてはならない。
最初はスライムにも逃げまどうかも知れない。ようやく倒せるぐらいまで強くなったと自信を持ったところで、次のステージではまたこてんぱんにやられてしまう。
がんばろうとして一足飛びに話を進めても、そこにはバッドエンドの落とし穴が待っている。いい武器が欲しかったりして武器屋をのぞいても、持ち金を上回る値札が貼られた剣を見て凹むだろう。もしかしたら他の冒険者に足を引っ張られてスッカラカンになっているかも知れない。
けれど、町の人は温かなまなざしで見つめ返してくれるし、ヒントをくれることもある。
もしかしたら冒険をともにする人と知り合って、パーティーだってくめるかも知れない。


ゆっくり、地道に強くなっていくしかないのさ。
ゴールに背を向けないで欲しいのさ。
建設的な提案が欲しいのさ。


それはそうと、このJUGEMテーマの新システム。かなりウザイんですけど。
表示させないとダメなのかな??

スポンサーサイト

- | 21:27 | - | -
+ ASSOCIATED AFFILIATE +
コメント
from: ふみっくす   2007/12/17 12:37 AM
私も3年目なわけで。
技術作業なんてまったくない、顧客対応と社内調整しかやらない
SEとは到底呼べない業務を日々行っているわけですが。

周りで起こる本当の意味での雑音や、煩わしい人間関係。
→何が一番仕事でつらいってこれですよね。もうこれだけで会社やめてもいいかなって思う。
最近流行の『シュガー社員』的な発想ですが。

周りが向ける期待の目というプレッシャー。3年目という先輩でもあり後輩でもある立場。
→期待されてるだけすばらしいことですよね。3年目のくせに何も出来ないじゃん、オマエっていう目線に日々プレッシャーを感じています。

周りの同期だけが技術力や交渉力を伸ばし、自分と比べたときの嫉妬と組織に対する怒り。
→多分、同期の中で私が一番技術力ないから、彼は安心していいのにな〜ってそういう問題じゃないですね。多分、私は論外。

周りに先導してくれたり、頼れる先輩がいない。先輩に対する期待と軽い絶望。
→先輩と思わなければいいんですよね、きっと。

周りの環境や、今ある業務の経緯は、自分が関係していないところでできあがっていた。業務で苦しいのは周りのせい。
→じゃあ、変えろよ、って思うのですがそこまで労力を費やせられないんですよね、日々におわれて。まだまだ仕事の仕方に無駄が多いんです、きっと。

3年目って悩む時期なんでしょうか。
こうやって悩んで、愚痴を撒き散らして、凹んで、泣いたりするのは無駄な時間なんでしょうか。

すべて周りが悪いとは思わないけど、理解はして欲しいです。
そんな甘い考えを捨てろと切り捨てないで、今は見守っていて欲しいと思うのは甘い考えでしょうか。

みんなそれぞれ思いはあるけど、今一生懸命どうにかしようとがんばっているはずです。
なので愚痴は愚痴として受け止めて欲しいなあと。
多分、みんな自分の中にある愚痴や疑問はちゃんと自分で解決して大きくなります。
待っててとはいわないけど、見ていて欲しいなあって思います。
シュガー社員かもしれないけど。
from: momoch   2007/12/17 1:32 AM
シュガー社員って言葉があるんですか。ググれと言われそうな所を我慢して、あえて知らないままにしておきます。怖いので。

ふみっくすさんのストーリーはすでに始まっていて、自分なりのクリアを目指しているのだと思います。

でも、私が書いたことはあまり当てはまらないのですね。申し訳ない。
from: ふみっくす   2007/12/17 2:16 AM
当てはまらないわけじゃないですよ、ただ、まだそんな立派な考えに到達することが出来ないのです。未熟者なんで。。。いつかそんなマチュアな考えが出来るよう、日々努力するまでです。

シュガー社員、ググってみてください。
あぁ〜ってなるので!
from: momoch   2007/12/17 2:58 AM
シュガーもマチュアもわかりません。一般的な言葉なんですか!?

逆にスイーツ(笑)ならわかるんですけど。
from: ふみっくす   2007/12/18 1:09 PM
わたし、マーチューアーいつまでもマーチューアー
えへ。
from: momoch   2007/12/18 2:17 PM
mature→奉れ(まつれ)

おそれおおい。。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momoch.jugem.jp/trackback/610
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"