マンダリンケーキのレシピ

RSS1.0Atom0.3

このブログのテーマ:
Linuxをいじる Windowsを飼い慣らす Solarisに悩む Firefoxを使い倒す Thunderbirdを使い倒す
W-ZERO3で仕事する Mindmap(マインドマップ)で仕事する
WRC(世界ラリー選手権)を観る 車を走らせる
日常の非日常を記録する
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+ GREEN goo +

サイト内ウェブ
この検索は「緑のgoo」を利用してます
現在、本貢献中
+ TWITTER +
+ OTHER WORLD +
あわせて読みたい
+ KEY WORD +
+ RECENT COMMENT +
+ RECENT TRACKBACK +
+ ACCESS ANALYZE +
カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTube高速バス 予約
+ ADVERTISE +
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
データの整理方法ってなにがあるだろう?
今日は私だけはお年寄りという中で、部内のイントラをどうするかという会議に出ていた。

正直、予想以上に「思いを語る」会議だったのでびっくりした。
どうしよう。
ゴールも、次の一手も、メンバーによってバラバラに見ている!?

決まったことが強い思いによって覆ったり、
ゴールにたどり着くための作業量が共有できていなかったり。

これはまずいんじゃないか?

…まぁ、いいか。
無難な着地点を目指すよりも。

イントラなので、身内への情報提供や、情報共有のための情報集約を役割とした方がいいだろう。
今回のリビルドの目的は、てんでバラバラに見えるサイト構成の刷新や、情報が探しにくいとする利用者の不満解消や、イントラ担当の負荷軽減にあるようだ。

サイト構成は統一されればいいというワケでもないし、不満解消は完全には無理だし、運用方法を変える検討がなされたのか不明という状態。


ところでWeb1.0的サイトの成長段階は、

i) 情報がどこかにあることがわかる
ii) 情報がどこにあるかポインタがある
iii) 情報が集まっていることがわかる
iv) 情報があり、探し出せば見つかる
v) 情報があり、その場所へ誘導できる
と思っている。

例を挙げれば、i)はインターネット黎明期にあるような、どこかのお店の自己紹介ページで何の店なのかはわかるサイト。
ii)は店の名前と住所と電話番号が載ったサイト。また、詳しい問い合わせをするためのメールアドレスが掲載されているようなサイト。
iii)はページがいくつかあり、細かな分類がされていないために2階層目がだだっ広いサイト。トップページには各ページへのリンクがあり、そのリンクが(「商品一覧」など)わかりやすく一言で表現されているページ。
iv)はかなり階層が深くなり、目的の情報はあるが、一体全体どうやったらその情報にたどり着くか理解しにくいサイト。利用者はこの時点で不満を持ちだす。
v)は利用者の視点に立ち、利用する目的と操作と分類が融合したサイト。楽天などは一つの情報にたどり着くためのいくつもの道順があり、利用者がたどる経路を予想した作りになっている。

ちなみにWeb2.0的サイトでは、利用者は自分で自分の情報をまとめ、必要な情報が探しやすいページをサイト上で構成する。
そこまで行かなくても、今回の件では何とかv)まではたどり着きたい。

だって、誰からも「いい仕事したね」って言われたいし。自分自身が利用者であるばかりではなく、自分自身で作ったモノに不満を感じたくないし。

かといって、あらゆる状況にあるはずの全ての利用者の都合を汲んだサイト構成は、事実上不可能だろう。


そこで、会議の中で情報にタグをつける方法がどう受け取られるか、ジャブを打ってみた。思いつきだったけど。

この方法は、たとえば「ハンバーグのレシピ」という情報があるとして、この情報に「夕食」・「肉」・「フライパン」というタグをつける。

そしたら、ページの構成は次の通り。
〕漆
  └肉
    └フライパン
          └ハンバーグのレシピ

あとは別の組み合わせで、
〕漆
  └フライパン
        └肉
          └ハンバーグのレシピ
と、

 └〕漆
    └フライパン
          └ハンバーグのレシピ
と、

 └フライパン
       └〕漆
          └ハンバーグのレシピ
と、
フライパン
     └〕漆
        └肉
          └ハンバーグのレシピ
で最後に
フライパン
     └肉
       └〕漆
          └ハンバーグのレシピ
となる。

タグは分類でもある代わりに、フィルターにも使えると思った。

なお、タグ(キーワード)はグルーピングできるように大まかなものにすべし。
もし細分化したい場合は、「肉」にまつわるタグとして「挽肉」とか「カルビ」などを配置する。
「肉」と「挽肉」を同レベルに扱うと、適切な配置がしにくくなると思われる。


ただし、この仕組みは動的にページ生成してこそメリットがあり、手作業で全パターンのリンク制御などは到底出来るわけがない。

と、まぁ、こんなジャブ。どう受け取ってもらえただろうか?


たぶん、この世のどこかに、こんな感じでページ構成できるミドルウェア+アプリケーションの組み合わせがあるように思うんだけど。

スポンサーサイト

- | 01:42 | - | -
+ ASSOCIATED AFFILIATE +
コメント
from: みゃん   2007/08/23 7:37 AM
これをそのまま、担当会で発表してみては?

おばかな既存担当者には目からうろこなのでは。
さんざん、そこでお前たちは今まで何してきたんだ
だからダメなんだ、くらいで。

バカにされた担当者たちはどういう反応を見せるでしょうかね。
楽しみですね。
from: momoch   2007/08/23 9:35 AM
そう言えば、みゃんさんが一番過剰な反応を表してくれましたね。

バカにされたと思うんですか?
言い方が悪かったのでしょうか…。モウシワケナイです。

タグをつけることで、こんな動的な仕組みがないとしても、情報の分類という悩ましい作業を軽減できると思ったのですが。

担当者達は「ニワトリが先かタマゴが先か」という言葉が表すように、動き出すとっかかりが見えていないように思えました。
あれもこれも大事なのはわかりますが、進まない会議にはしたくないです。議題と採決事項を明らかにして参加すべしです。
自分で言うのも何ですが、貴重な時間を割いて集まっているわけですし。何かしら決めたいです。調査することを決める。検討することを決める。実施することを決める。
色々あるはずですよね。
from: しげ   2007/08/23 4:24 PM
わぉ真面目なコメントしか許容されない雰囲気。
それぞれの思惑が吐露されるって事は、やりたくないか、余裕がないか、完全に腰が引けてる状態だってことかしらん。
会議って初回は別として、リザルトだらけの検討・実施・決定機関でなければだらだらしますね。
何も考えてこないなら輩なら課題放って次回までに
少なくとも3つ考えてきてほしいわよねぇ。。

ワインを傾けながら進捗とかする昭和のはちゃめちゃおやぢ故、ルーチンに溺れたい気持ちも分からなくもないですが。。
from: みゃん   2007/08/23 7:20 PM
ごめんなさい、私の言い方が大人気なかったというか大分失礼ですよね、申し訳ありませんm(__)m

お二人の言ってることが正しいですし、筋が通ってますよね、ホントにお恥ずかしいです。。。

あーどうしよう、穴があったら入って二度と出てきたくないくらい恥ずかしいです。。。っ!
from: momoch   2007/08/24 1:06 AM
>しげげ
ハイ、余裕がないですw
それと、昨日は決める会議のつもりが何も決まらないまま、次はメールでやり取りしようっていうグダグダな感じで終わりましたね。

いや、実は今日も。

ワインといば、今年のボジョレーヌーボが2本寝かしてありますけど、例の合宿に持って行きましょうか!


>みゃん
筋が通ってるなんて言っていただき、恐縮です!

ところで、自分で恥ずかしいと思うシチュエーションは、おかしなことをしても評価が変わらないときです。
そんなときは、後から思い出して恥ずかしくなって、穴に入ってブラジルまで行きたいです。
from: しげ   2007/08/24 10:00 AM
個人的に裏すじに賛成です。
それが倫理エラーと呼ばれる、私のレーゾンデートルかしら。(朝から意味不明)
from: momoch   2007/08/24 4:46 PM
命題の一つ、イントラをかっこよくしてほしいって難しい…。
最近かっこいいなと思ったサイトはココ。
http://www.beyes.jp/editwall/
もちろん、イントラ向きじゃないですが。

>しげちょ
言い替えると、
私の存在理由が倫理的にどうかと言われて久しいが、裏すじに並々ならぬ興味がある。
ということですか?。。。うわぁ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momoch.jugem.jp/trackback/485
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"