マンダリンケーキのレシピ

RSS1.0Atom0.3

このブログのテーマ:
Linuxをいじる Windowsを飼い慣らす Solarisに悩む Firefoxを使い倒す Thunderbirdを使い倒す
W-ZERO3で仕事する Mindmap(マインドマップ)で仕事する
WRC(世界ラリー選手権)を観る 車を走らせる
日常の非日常を記録する
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+ GREEN goo +

サイト内ウェブ
この検索は「緑のgoo」を利用してます
現在、本貢献中
+ TWITTER +
+ OTHER WORLD +
あわせて読みたい
+ KEY WORD +
+ RECENT COMMENT +
+ RECENT TRACKBACK +
+ ACCESS ANALYZE +
カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTube高速バス 予約
+ ADVERTISE +
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ドアラが写真集にも手を出すという
もうすでに一マスコットではないような風格さえ漂うドアラ。

写真集を出すそうだ。
やる気だ。

発表しま〜す。 実はこちらです!!! Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログ/ウェブリブログ

公式ドアラ写真集 ドアラ☆チック
中日新聞社出版開発局
PHP研究所
売り上げランキング: 45

中日がプロ野球アジアシリーズで優勝
オレ竜、有終の美。

中日が韓国・SK破り初優勝…プロ野球アジアシリーズ(読売新聞) - Yahoo!ニュース
中日は李炳圭(イ・ビョンギュ)の2ランなどで一時は5―2とリードしたが、SKの一発攻勢で八回に同点。九回二死二塁で、井端が中前適時打を放って再び勝ち越し、接戦を制した。


スポーツナビ|野球|プロ野球|アジアシリーズ| SK vs. 中日 [2007年11月11日]
この日の中日打線は、初戦で3点に抑えこまれたSK投手陣を攻略した。初回に2点を先制された直後の2回に井上のソロで1点差に詰め寄ると、5回には藤井のタイムリー、さらに、荒木の内野ゴロの間に1点を奪い逆転に成功。6回には今大会当たりの出ていなかった李炳圭がレフトへ2点本塁打を放ち、試合の主導権を握った。しかし、投手陣がピリッとしない。先発の山井が7回を3失点にまとめて、先発の役割を果たすも、8回に登板した2番手岡本が大誤算。2死から四球を与えると、SK5番のイ・ジンヨンに特大の同点2ランを浴びた。それでも井端のタイムリーで勝ち越しを奪った9回は、シーズン同様に岩瀬がきっちりと3人で締めて逃げ切った。

続きを読む >>

イチローがランニングホームラン
今年もイチローがメジャーリーグでオールスターに出ている。
本人曰く、選ばれてホッとしたとのこと。結果があってのこの言葉。
嫌味でもなんでもない。

そのイチロー、2打席目には、ものすごい落差のある変化球をカットして、しかもヒットにしちゃうという神業を見せたが、驚くのは3打席目。
メジャーリーグ・オールスター戦で史上初のランニングホームランをたたき出してしまった。しかも日本人初のホームラン。

続きを読む >>

松坂のグローブにはMの文字が
MAX153キロ!松坂1勝…「初球は直球」貫き10Kデビュー:MLB:スポーツ報知
この日最速となる95マイル(153キロ)の直球で見逃し三振に仕留めて切り抜けた。


SANSPO.COM > ニュース速報
最高球速は154キロを記録した。


95マイル=152.88768 キロメートル。

新聞社の人がそれぞれ手持ちのスピードガンを使ったのか、電光掲示板のスピード表示が見にくかったのか…。

ICHIROすごい!(更新:262打)
イチローすごい!
259本達成おめでとう!

休日出勤してちょくちょく速報ページ見ながら、まだかまだかと達成を待ちわびてた。
258本打っただけでもすごいのに、同じ試合でさらに更新するとは…。
おみごと!!

イチローの試合後会見は、どこかの哲学者のように色んな示唆に富んでいる。それが彼らしいし、とても頼もしく思える。
「今シーズンに限って言えば、チームが勝てない状況が最初から続いて、そこに身をゆだねることができなかった。自分の中からモチベーションをつくり出していかなければならなかったですし、ただそれっていうのは、これまでもやってきたことなので、人が心配するほど大きな力はいらなかった。今シーズンここまで来て思うのは、プロとして勝つだけが目的ではないということ。これだけ負けたチームにいながら、最終的にこんな素晴らしい環境の中で野球をやれているということは、勝つことだけが目的の選手だったら不可能だったと思うんですよね。プロとして何を見せなくてはいけないか、自分自身が何をしたいか、ということを忘れずにやらなくてはいけないということを、自分自身が自分自身に教えてくれたような、そんな気がしています」

 それが、この記録が伝えるメッセージでもあろう。と同時に、子供たちへは分かりやすい言葉で、この記録が持つ意味を伝えている。
「僕がこちらに来て強く思うことは、体がでかいことにそんなに意味はない。ある程度の大きさっていうのは、もちろん必要ですけども、僕は見てのとおり、大リーグに入ってしまえば一番ちいちゃい部類。日本では、中間クラスでしたけども、大きな体ではない。そんな体でも、大リーグでこういう記録を作ることができた。これだけは、日本の子供だけではなく、アメリカの子供にも言いたい。『自分自身の可能性をつぶさないでほしい』――と。あまりにも、大きさに対するあこがれや、強さに対するあこがれが大きすぎて、自分の可能性をつぶしてしまっている人がたくさんいる。そうではなくて、自分自身の持っている能力を生かすこと、それが可能性を広げることにもつながる」
sportsnaviより

想像できないほどの色んなプレッシャーと、自分の中での「いける!」「だめかも…」の葛藤があった様子。
いくら希代の名選手でも、思い悩むのは当然だと思う。
思い悩んだこと、それを克服したこと、記録を樹立したこと。それがすごい!

続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"